記事一覧

観覧席

座席にも色々あります

観覧席を作っているメーカーは日本には多くありますが、観覧席といっても屋内と屋外で使われるもので大きくその内容が変わってきます。観覧席を選ぶさいにはメーカーの強みのあるものを選ぶことが快適な座席を提供することができるポイントになります。

詳しく見る

土嚢袋

足場を固める選択肢

土のうは現代社会においても足場を固める手段として主力であり続けています。屋外での作業において足場や土台を組んだり、倒れやすい設置物・構造物を補強するためには、土のうを使うことで安価に安定を得ることができます。

詳しく見る

作業員

評判を調べる

観覧席は信頼できるメーカーの製品を選びましょう。知名度があり、実績のあるところの製品がお勧めです。さらに評判も調べてみましょう。もちろん、製品によって特徴は異なります。各メーカーのホームページをチェックしてみましょう。

詳しく見る

工事

様々な使用方法

土のうが使用される場所は、我々が最初に思いつく台風、水害時の場面だけではありません。土のうは建築、建設現場で広く使用され、他にも爆発物や銃弾などの遮蔽物としても使用されています。また近年は従来の土砂を入れるタイプではなく、水を注入して簡単に素早く使用できる新しいタイプも作られています。

詳しく見る

教室

座る人数で変わる相場

観覧席のメーカーは様々なものがあり、たいていは大人数が座れるタイプを用意しています。座る人数と座席のグレードにより費用が変わることが多いです。人数が増えると飛躍的に費用は高くなるのでそれに見合うかは考えるべきでしょう。

詳しく見る

使用場面は様々

土嚢

代表的な使用例

土のうは土を詰めて使う袋のことをさします。土のうの使用目的は様々で、水害時の土砂流出対策、工事現場での土砂の運び出しに使用、軍事場面で防弾壁としてなどが代表的なものです。一般的に知られているのは災害時の土砂流出対策としてですが、近年は緑化に使われる土のうもあります。この場合、生物分解性の袋を用い、中に土と肥料、種などを入れておいて使います。袋はいずれ分解されるので環境に害はありませんし、土のうの状態では土砂流出対策にもなるのでダブルの効果が期待できます。土のうといえば麻袋が主流でしたが、近年は使いやすいポリエチレン製の布袋が主流です。土のうは人が積み上げたり運んだりすることを前提としているので、持ち運びやすい大きさとなっています。大きすぎても運べませんし、小さすぎても積み上げに手間暇がかかるので、たいていの場合大きさは規格にそった決まった大きさです。ですが、土を詰めると非常に重くなり運ぶのが大変になるので、近年は吸水させるだけで使える土のうも登場しています。このようなタイプは乾かすと再び軽くなり、持ち運びやすくなりますし、保管の場所にも困りません。高機能なので高めになりますが、自治体などでは多く取り入れられ出しています。また、袋の耐久性でも値段は変わります。土のうは万が一に備えて置いておくという性質が大きいので、耐久性もある程度重要となります。安いものは劣化が早く、いざという時使えないこともありえます。それを防ぐためにもある程度費用はかけた方がよいでしょう。